--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-17

自己分析と卒論

今日はゼミで、他の子の卒論の中間発表を聞いてきました。
私も先週発表したとこだったのですが、
今日発表の子のテーマは「就職活動における自己分析と自己」。
自分が就活中に抱いていた疑問に学問的に答えるということで、目的意識がすごくはっきりした良いテーマだと思います。
ていうか、3週間前にテーマを変えた私なんぞに良いテーマって言われても(笑)

究極にはしょると、自己分析の問題を構築主義の一潮流であるナラティブセラピーと比較したり、ギデンズのいう再帰性(reflexivity)とからめたりして、考察していました。
こんなに省略しちゃうと面白さが伝わらなくて申し訳ないのですが、人の研究に着いて詳細に記述するのも気が引けるので、これくらいですみません。
恣意性・凡庸性のジレンマ、本質的な自己という物語の固定など、すごく親近感を持って実感を持って聞くことが出来て面白かった。

読んだことないけど、チャールズ・テイラー読んでみたくなりました。
私は、アメリカのliberalismの根底にある、人々は確固たる自己を持っているという考え方よりも、社会と自己の関係性の反芻、まぁつまりは再起的な自己形成のあり方がしっくり来ます。肌感覚的に。

授業後に久しぶりに話したK太は大衆運動について卒論を書くらしい。
みんな卒論書き終わったら、是非見せてほしいな~。

来週には経済学部のゼミでの発表が待っているので、私も本腰を入れて書き始めなければ…

頑張ります☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うーん★

ぜひ卒論読みたいですv-521!!!!

No title

のりこ>
コメントありがとう!あたしもblog読んでるから更新してね~♪
プロフィール

mrk

Author:mrk
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。