--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-21

International Workcampのオススメ☆ー仕事編

昨日のIternational Workcampのオススメ☆ー生活編 に引き続き、
今日は、仕事編です!

このWorkcampなるもの、週5日、1日5~8時間は働かなければなりません!
環境保護・整備、修繕・修復、建設・土木、子供たちとの交流、社会福祉、芸術、農業、歴史・史跡関係など
業務内容は、プロジェクトによって千差万別ですが、

私の場合は、フランスの小さな街Crémieuで毎年行われている中世のお祭りの企画、実行&城跡の整備だったので、
お祭りの準備&本番が2週間、城跡の整備が1週間でした。

週末は、近くにあるフランス第二の都市Lyonに行ったり、洞窟や湖に行って遊んだりしましたが、それはまた今度!


また、よく聞かれる語学力のことですが…
プロジェクト毎に、語学力が必須かどうかは違います。

例えば、子どもとふれあう、施設で働くなど、人と触れ合うことがメインのお仕事は、
もちろん語学力(英語か現地語)が問われます。
Workcamp内での基本共通言語は英語ということになっています。

私の行ったプログラムでは
村人との意思疎通:英語 30%
         フランス語 70%

Camp内で使われていた言語:英語 70%
             フランス語 18%
             スペイン語 5%
             ドイツ語 4%
             ポーランド語3%
くらいでしたね。

フランスの田舎町では、なかなか英語は通じませんでしたが、友達に通訳などしてもらいながら、なんとかお仕事はできました。
でも、一応このプロジェクトに参加していた全ての人が、一応フランス語を習ったことはありました。(私の当時のフランス語力はカスでしたが。)現地語に興味があるっていうのは、大事かもです。
英語フランス語以外の言葉は、イギリス人とドイツ人がなぜかドイツ語で話したり、フランス人とスペイン人がスペイン語を話したり、ポーランド人とスロバキア人がポーランド語を話したりと、みんな自分の習ってる言葉の練習してました。

ぐだぐだ、書きましたが、基本的に英語がぺらぺらである必要性はありません。
語学力を聞かれても、書類では"fluent"って書いておけがいいのです!
でも、分かろうとする気持ち、伝えようという気持ちは必須です☆


よし、やっとこさで業務内容のお話です。
まず、この中世のお祭り、実に手の込んだ物でして…

本番の日は、村のアスファルトの道を全て藁で隠し、
街のいたるところに街の旗を飾り、(国旗のようなもの。ヨーロッパの都市は結構みんな持ってると思ふ)
街の人はほど全て中世の仮装し、
中世っぽいバーやスタンド、レストランを町中に作り、
なんか中世っぽいアクセサリーやその他もろもろのお店が町中にでき、
流れのパフォーマーなどを読んで来て騎士の決闘ショーをし、
仮装村人のパレードをし、
馬や羊やら、いろいろ動物も駆使し、

そりゃもう、TDLやUSJもびっくりなお祭りな訳です。

あんな小さい村が、自分たちの持っているリソース(古い町並み、大都市から近い立地)を使って、2日間のイベントにこんなに人を集められるのは、驚愕です。

↓こんな感じ!



なので、私達の業務は、

街の飾り付けや
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 610

中世っぽくないものをひたすら隠す
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 404

城壁の上から撮影したので遠いですが、ステージの設営
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 356

草を刈って来て、レストラン等に飾ったり
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 452

バーや屋台の設営
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 506

などなど。仮装衣装の衣装合わせや、屋台で売るもの作りetc なんでもやりました☆
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 567


本番では、
私はクレープ売りの囚人の役を☆
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 574

後は、パレードに出たり、
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 572

☆2006ヨーロッパ周遊☆ 544

☆2006ヨーロッパ周遊☆ 548

☆2006ヨーロッパ周遊☆ 549

ショーを見たり、
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 504
歩き回ったり、
☆2006ヨーロッパ周遊☆ 525

ちゃっかり楽しめました☆

お祭り当日は1日に12時間程度働いたので、準備中は1日5~6時間のみ。
しかも、仕事があるところに、手の空いている人達が行くという感じだったので、
全く飽きるということはありませんでした!!


また、お祭りの後の1週間は、

この古ーーい城跡の整備を!崩れてしまっている箇所から、古い石を取って来て、
階段を作ります☆
☆2006ヨーロッパ携帯☆ 035

そう、私、コンクリート作るの上手くなりました(笑)
blog108.jpg


これは、私のWorkcamp経験のお話。
プログラムによっても、一緒に参加する人によっても、
本当に全く違う経験ができると思います☆

時間があれば、ぜひぜひ参加してみて下さい!

と言っても、私のblog見てるのは、同世代が多いから、是非、後輩さんにオススメしてあげて下さいな♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mrk

Author:mrk
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。