--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-04

魔王

私は、極端に記憶力が悪い。というか頭が弱い。
で、そのことが唯一役に立つのが、小説ですね。
読んで面白い!と思っても、半年もすればエンディングはおろか、あらすじさえ覚えていないという始末。
1冊の小説で、何度も楽しめます(笑)

だいたい、3回までは新鮮な気持ちで読めてしますというすばらしい忘却力を使って、
ここ数日読み返したのがこちら、魔王です。

魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



伊坂幸太郎は結構すきで、ほとんど全部読んでるのですが、
この魔王、めっちゃ好きです。
大衆の恐ろしさ、おおきな流れに疑問を持つ個人が出来ることって何があるんだろう。
ここ数日、ある面接で熱い3回生の面接官にchangeだとか、夢だとかについて聞かれてため、いろいろと考えていたんですが、
私は、結局のところどう思ってるんでしょうね。

大衆という言葉は英語のmassの訳語であって、massはもともと「大量かつ不特定の塊」であり大衆としてのmassは「多数の人間の無定形な集合」という通俗性、衝動性、匿名性などの特徴を持った意味を持ってる。

いろいろと、理論について考えるのが多分おそらくうちの教授のやってることなんですが、
時々、背中が冷たくなる瞬間がある訳で。時々、空から音が消える感覚が訪れる訳で。

大衆の力の恐ろしさを認識した時に生まれるそこはかとない不安感や違和感を、スイカの種が整然と並んでいる様子に例えるその感覚が素敵だと思いました。


今日からは、モダンタイムスですね(3回目)

モダンタイムスモダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


こちらはインターネットがテーマだったはず(笑)
小説の中に流れているこの空気感を、シューベルト、ゲーテの魔王、そしてチャプリンのモダンタイムスに重ねてる、
このタイトルの付け方も素敵。

ほんまに、モダンとか今更流行遅れかもしれませんがポストモダンとか、そんなことを何となく考える気分になったら、私的にはこのモダンタイムスがおすすめです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mrk

Author:mrk
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。